生活の質を向上させる体づくりの基本の運動がマシンピラティス

更新日:10月14日



私は、22年前からフィットネスインストラクターとして活動して参りました。

フィットネスインストラクターの使命は「生活の質(QOL)向上のための身体づくりのサポート」だと思っています。



「フィットネス」の言葉の意味は、

”過度の疲労をともなわずいきいきと仕事を行い、趣味や余暇活動にも余力をもって臨み、緊急事態にも対処できる能力”です。



厚生労働省の健康用語辞典にフィットネスの定義が記されています。

 *運動機能の向上

 *怪我の予防

 *運動能力向上

 *ストレス解消

 *障害疾患予防とリハビリテーション

など、健康のための様々な目的のために行われます。

 

また、フィットネスを行う際には、いずれの内容であっても下記を注意点としてください、とあります。

 *効果を得るために適切な強度や量であること

 *安全性に十分配慮されていること

 *楽しく、継続できるものであること

 *科学的根拠に基づいていること



当たり前ですが、フィットネスインストラクターはこれらをすべてクリアにする専門的な知識と技術が必要です。そして、年々更新される情報や膨大な情報、科学的根拠についてアンテナを張り、常にブラッシュアップしていく必要があります。



私は、筋肥大させるような筋トレもハイインパクトなエアロビクスも指導してきました。でも、「どんな人にも必要なフィットネス指導」ができない矛盾に悩んでいた15年前、ピラティスを知り、STOTT PILATESに出会い、やっとフィットネスの本質をついた洗練されたエクササイズを見つけたと思いました。



日常の姿勢や身体の使い方が機能的であり合理的であれば、生活の質(QOL)を向上させることや健康寿命を伸ばすことにつながる。その日常の姿勢と身体の使い方の機能的で合理的なトレーニングが一人一人に合わせて行える洗練されたエクササイズが「マシンピラティスパーソナル」です。



「予防医療」の役割を果たすフィットネスであることもまた、とても大事なことだと考えます。

健康寿命(医療・介護に依存せず自立した生活が送れる期間)が長くなるように、身体を整え、自分にあった洗練された質の高い運動がお一人お一人の人生とともにありますように。



私は、自分で納得のいかない、説明のつかないことを指導することがどうしてもできません。

だから今、こうしてJOODYという場所で、自分のできることを精一杯できる範囲でやらせていただいています。今、12歳から60代の方のセッションを担当させていただいています。それぞれの身体の特徴や目的は違います。もちろんセッションの内容はそれぞれ全然違います。でも、根底にあるのは「生活の質を向上させるための運動」ということ。そして、「笑顔になってもらえるようなセッション」であるということ。


ここに来てくださる方々の良質なフィットネスのために、マシンピラティスセッションを。

心と身体が軽く快活な毎日を、豊かな人生を。



PILATES STUDIO JOODY  ATSUKO